ミドさんのブログ

日頃思いつくことを書いてます

悲劇を生む情報操作は怖い!

プライムニュース(下記映像は、すべてネットから)

 昨日、一昨日とプライムニュースという、たまに視る番組を見た。その理由が、一昨日は、駐日ウクライナ大使、昨日は、駐日ロシア大使の話を聞き、質問する番組だったからだ。ウクライナ大使の話は、新聞テレビで報道されている通りであったが、昨日のロシア大使の話には、ビックリである。

 我々は、いわゆる西側諸国の報道をベースに流れたニュースを聞いているから、現在ではウクライナの言い分や状況とほぼ同じなのは理解できる。しかし、ロシア側の言い分には、首をかしげたくなる部分が殆どである。順を追って、覚えているものを列挙してみよう。

 

ロシア行動の謎(ウクライナ侵攻の理由)

1.なぜ、ウクライナに侵攻したか?

 ウクライナ東部の人間が、ウクライナ政府に迫害をされている。それはナチスドイツと同じである(だから、反ナチという言葉が出てくる)。これら迫害を受けている住民(ウクライナ国民)を助けるために、立ち上がった。

 これは、2014年から既に、7年間もやっている活動だが、さっぱり、ウクライナ政府はこの迫害の方針を変えようとしない。だから、立ち上がった。

(この、他国の住民のために立ち上がった、ということに関しては、なぜ、国連などで処理しようとしないのか。ロシアは、常任理事国で言ってみれば国連の幹部ではないか、その幹部が、国連憲章に違反するような行為をなぜするのか、と言った質問も席上出た)

 

ロシア行動の謎(民間施設攻撃)

2.なぜ、東部に限定せず、キエフを始めとする一般住民にまで危害を加えるのか?

 一般住民には危害を加えていない。ビルにミサイルが命中したという映像は、ウクライナの作り話である。キエフの通信塔を砲撃したのは、ロシアである。しかし、これは事前に砲撃を予告し、一般住民に危害が及ばないようにしている。

(西側諸国に流されている、一般住民への危害は、ウクライナの捏造ニュースだ、とあくまで言い切る大使)

 その他にも、2時間番組だから色々なことを言っていた。しかし、総てが、「この人、何言っているの?」という感触のものばかりだった。

f:id:midori-chang:20220303100211p:plain

ウクライナ侵攻の解説

 1の論理は、例えが正しいか正しくないかは別にして、子どもいじめ問題で、止めろと言っても聞かない生徒を、暴力をもってやめさせようとする他の生徒もしくは先生のようなもので、いじめをする子の親のようなつもりで制裁を加えている、という感じである。そこには、ウクライナの主権を認めていない、という姿が見え見えだった。

 つまり、ロシアの属国(ウクライナ)が、何をやっているんだと暴力(戦争)でいうことを聞かせているという構図である。ナチスドイツ的なのは、ウクライナ政府ではなく、むしろロシアではないかという反論も出た。

 

民間施設攻撃の信ぴょう性

 2の論理は、お互いに証拠がないので、ロシアの言うことも正しいかもしれない??でも、一般論として、自分で自分の国に砲弾を撃ち込み、自国民を死傷させる政府がどこにあるのか、と言いたくなる。大使という立場があるので、反論するとしたら、ロシア政府が認めている通信塔の砲撃しか認めることができないので、そういわざるを得ないのかもしれない。というより、大使は、本当に信じ込んでいるのでは?と思わせる自信たっぷりの言いようだった。

 

情報操作、強権政治の怖さ

 今、日本は平和であり、世界中の情報はすべて入ってくる。しかし、ロシアは、自分に不利な情報は流さず(ビルが破壊された映像はもちろん、逃げるウクライナ住民の映像も流さない)そして、カッコよく、通信塔を砲撃した映像は流し、戦車列や兵士が町中を走り回る映像は流す。すると、ロシア国民はどうとるか。「我が軍は、すごい。もう、ウクライナキエフも他の都市も勢力下に収めるのもわずかだ」と受け取らざるを得ない。他に情報がなかったら、良識的なロシア国民だってそうとるだろう。ましてや、情報が漏れて事実を知ったロシア国民が、デモを仕掛けても、その全員を逮捕し、牢獄に追いやってしまうという暴挙をするわけだから、そういう人たちも反旗を翻さなくなってしまうのは、当然の帰結である。

f:id:midori-chang:20220303100742p:plain

 

かっての日本を思い出す

 第二次世界大戦直前の日本がそうだったのではないか。政府のやっていることは正しいとみんなを思い込ませて、突っ走った結果が、あのようになったのである。まさか、今流れている西側のニュースが捏造ではないと思うが、日本が、このように自由な国に成長して本当に良かったと思う。

 ロシアには、早く目覚めて、他国を侵略するような暴挙に出ないような国家になってほしい。ウクライナには、被害を最小に食い止め、主権国家として立ち直ってほしいと願うばかりである。まかり間違っても、ロシアの属国などにはならないよう願いたい。

 助けてあげられないのが何とも歯がゆいが・・。

f:id:midori-chang:20220303101210p:plain