ミドさんのブログ

日頃思いつくことを書いてます

リスキング

1970年ごろ

 1970年入社の会社員だった。団塊の世代真っ只中の1948年生まれである。この時代、当時のいわゆる優良企業・大企業を望まなければ、就職には困らなかった時代である。勿論、大卒の場合はである。当時は、まだまだ高卒・中卒と言った人たちも会社員の中には沢山いたので、会社内での役職の格差や給与の格差といったものが歴然と残っている時代だった。その為、世の親たちは、子どもを高学歴にするために教育に熱心だったし、我々以降の年代では、そうした教育思考が過熱していった。

 

1990年代以降

 1990年代以降をベースに、また、自分の会社員時代と比較しながらこれから話をしたい。というのも、昨日「危機に立つ中流」というニュースをやっていたからである。そこで、下記のデータを見せつけられた。

中流階層の所得減少

 現在の人たちの「中流の暮らし」に対する感想と、実際の賃金・所得のここ20年の比較が載っていた。

 

中流の暮らし

 中流と感じている人は38%、中流以下が56%であり、その原因は所得にありそうだ。1990年と2020年を比較すると約10%から20%収入が減少している。

 確かに、我々が就職した1970年から最初の20年間は、毎年基本給も上がり、給与が上がった。しかし、現在の30代、40代に聞くと、殆ど給与アップがないのだそうだ。

 個人GDPの推移を2020年までの統計グラフを見てみた。

個人GDP推移

 見事なほど、1990年半ばから日本の成長は止まった。そして、2020年には中国に抜かれ第三位となった。

 

今の中流の人たちの思い

 そして、更に、現在の暮らしについてどう思うか、親世代より豊かになれると思うかどうかをたずねた結果が下記のようだった。 

今後の暮らしについての感想

 ここまでくると、子供世代の現状が可哀そうに見えてきた。親世代と同じ程度にはなれると思う子供世代は、半分ほどしかないのである。

 

今後の行方

 我々時代は、中流の暮らしの理想は、「我が家と自動車を持つこと」だったが、今の世代では、それに「正社員になること」が加わるのだそうだ。

 そして、今後の日本社会の構造変換についても、NHKの他の番組でやっていた。今、この給与低迷を打開するために言われているのが、「リスキング」と「非正規雇用の給与アップ」だそうである。

 

リスキング

 ネットの受け売りだが、2020年1月に開催された世界経済会議(ダボス会議)では「第4次産業革命によって数年で8,000万件の仕事が消える一方、9,700万件の新たな仕事が生まれる」と発表したそうだ。つまり、リスキングの必要性があり、これをしない限り、「会社員が職を失ったり」「企業が潰れたり」「働く人口が減ったり」するということである。その為、政治的な法整備や企業経営者の考え方改革や労働者組合の意識改革なども必要になるし、最も重要なのは、個人一人一人の意識改革である。

 

がんばれ!若者!

 もっとも、企業内で製品開発や技術開発をしてきた人たちにとっては、毎日が、リスキングのようなものだったはずで、会社員として立派にやってきた人たちには、けっして難しいことだとは私は思わない。

 欧州を中心にした国々では、こうしたリスキングが常識になっているようだ。欧州の人たちができることが、日本人の若者に出来ないわけがない。

 ぜひ頑張って欲しい。

 

嘘よ(うそよ)、、、

その頃の私

 今日(2022年9月28日)で、中国と国交正常化して50年だそうである。「もうあの時から50年経ったのか」という心境である。その頃、やっと会社へ入社して、最初に海外出張をした年でもある。中近東のアブダビ原油生産用ヤグラ(リグという)間の海底ケーブル敷設に出張したのである。当時、中近東の国々では、原油の採掘が盛んに行われていた。

 

国交正常化の立役者

 日中国交正常化には、あの田中角栄元総理が大いに関係し、独り舞台だった。当時の写真を探したら、下記のようなものがネットにはゴロゴロしていた。

当時の中国首脳(周恩来元首相と毛沢東元主席)と田中角栄元総理

 テレビでは関係番組が組まれた。共同声明文の作成には大分手を焼いたらしい。その中でも、日本としての第二次世界大戦の謝罪についての「謝罪の仕方・文章」についても報道していた。その「迷惑事件」というは、余りにも有名である。この時の立役者は、日本側、大平正芳そして中国側は周恩来首相だそうだ。あまり表に出てこない毛沢東主席は周恩来に全て任せていたらしい。

 

その後の中国

 以下の文章は、日経ビジネスからの抜粋である。

『上海から帰国の途に就いた大平は、隣に座った森田(秘書官)にボソッとつぶやいた。「この国は30年もたてば、大変な国家になるぞ」。それは、良い意味にも悪い意味にも聞こえた。

 「経熱」によって日本の政府開発援助(ODA)を受けた中国は経済基盤の脆弱性を克服、21世紀の到来とともに世界貿易機関WTO) 加盟が認められると、急速な経済発展を遂げた。2001年に日本の3割だった中国のGDP国内総生産)は、今や日本の3倍超になった。日中国交が正常化した半世紀前に比べると、日中の力関係は構造的に逆転した。

 経済面ばかりではない。魔性の権力との距離感を知らぬ習近平(シー・ジンピン、国家主席)率いる中国は、覇権主義的行動をますます強めている』

 

中国の高度成長

 上述したように、正常化後の中国の発展は凄かった。1980年代、90年代と、日本企業は安い賃金を求めて、中国への進出を決めた。同時に、日本の技術がどんどん中国に渡った。それを糧に、中国企業もどんどん大きくなった。日本の技術を使った模造品も一杯出回った。

 かって日本が、モノ造りにおいて、「モノ真似の旨い日本人」と揶揄された、その中国版である。そういえば、第二次大戦のきっかけになった旧日本帝国主義の外国への侵略も、今、ロシアがやっている。なにか、わが身を見ているような気がしてならない。

中国との関係を左右する現代政治家

今後の日本

 外交手腕があった安倍元総理も亡くなった。バイデン・アメリカ大統領、習近平・中国国家出席、そして、岸田総理が、これからの世界、日本を担う。

 かって、大平がつぶやいた「30年もたてば、大変な国家になる」と言える国家はどこなのか。「米中そしてその他の国家」。「その他」に日本も入ってしまうような気がしてならない。

 今日の読売のコラム「編集手帳」に、「予想」を逆から読めば、「嘘よ」だそうだ。是非、この予想も「嘘」であって欲しい。

語りあひて 尽くしし人は、、、

山県有朋の句

 安倍元総理の国葬の儀が終わった。

「かたりあひて 尽くしし人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」。山県有朋の句だそうである。菅元総理が友人代表として弔辞を述べた中で語られた言葉だ。全文が知りたいところだが、どこのテレビ局も途中で画面を切り替えるか、編集していて全文を読むことが出来ない。残念だ。

 

朴訥として

 安倍夫人が涙を流されていたことからも分かるように、「朴訥として」という表現がピッタリな非常に人を感動させる、菅元総理の弔辞だった。

 人には、文章を作るのがうまい人もいるし、語りが上手な人だっている。表現する方法にはいろいろある。ジェスチャーだって、顔の表情だってある。

国葬の様子、寸評(読売、2022年9/28記事より)

感動させた語り口

 今回の弔辞を読む内容、語り口などなどの話を書きたい。

最初に、岸田総理が弔辞を読まれた。そして菅元総理である。両者を比較をしてみれば、歴然と違いが分かる。口では、この違いを、私の文字力・文章力では旨く表現できない。ただ、あの「朴訥とした」菅さんの語り口には皆さん感動したはずだ。

 

思いの伝え方

 私は、色々な世界中の顧客やその国の人たちと仕事上の話をしてきた。時には、一緒に遊ぶこともあった。そうした中、ある目的をもって話す場合の話し方には特長がある。

 人を説得する場合、言葉が巧みならいい訳ではない。英語だって同じだ。英語が上手に話せ、聞ける人は一杯いる。確かに、一つの能力であるし、上手ければ上手いほどいいに越したことはない。しかしだ。それより大事なのは、誠実さである。誠実さというのは、言葉に現れる。こちらの一生懸命さが伝われば、相手も一生懸命話してくれる。菅さんには、きっと、それがあるのだ。

 

弔問外交

 今、「弔問外交」という言葉が言われている。何十か国の首脳級の方々が弔問に来られている。そこで、そういった方々と話す機会を設けることを「弔問外交」と読んでいるらしい。

 しかし、外国の要人と「話せば良い」というものではない。内容もさることながら親交を深めることが重要になる。勿論、外交問題という目的を持った話だって良い。お互いの信頼関係を築くことが重要である。

 

語る力

 先ほどの新聞の切り抜きを見て頂きたい。評論家・大学教授の内田樹さんの寸評を載せた。内容は、岸田総理が常々言っている、「国民の話をよく聞く」という言葉についてである。人を納得させるためには、「聞く力」も重要かもしれぬが、「話す力」そして「誠実さが伝わる語り口」が必要になってくるのである。つまり、「話す力」ではなく、「語る力」なのである。世界に伍してゆくには、「語る力」が必要であるし、その中に現れる、「誠実な性格」も必要になってくる。

 

安倍さん、安らかに、、、

 安倍元総理には、それらが備わっていた。だから、国葬云々は別にして、亡くなった直後、あれだけ国民が悲しんだ様子を見せた。だから、世界で各国首脳と色々な話が出来、彼らを感動させ、お互いの心の中からの話が出来たのだろう。

 国葬云々は忘れて、安倍さんを天国へ送り出そう。

ドラレコ

 「ドラレコ」。当初、何のことか分からなかった。

 

半年前の事故経験

 もう大分前のことになる、半年も前だろうか。側面からぶつけられた事故に遭った。左側の車線に車が並んで止まっており、右側の走行車線に入ろうとしていた。当然、全部の車(3台位)は右のウインカーが出ているままだ。そして、右の走行車線を通り抜けようと前の車について走っていたら、突然、左側の待機しているはずの車の前から2台目が突然ハンドルを右に切り右の走行車線に出てきて、私の車の左側面に当たったのである。

 どう考えても、当たってきた車が悪い。そもそも、待機している3台のうち、どうして2台目の車が、突然ハンドルを切り出てくるのか分からないし、走行車線は何台もの車が連なり走っているのに、そのタイミングで右車線に出てくるのか理由も分からない。

 

事故時の責任分担
 こういう場合でも、左から出てきたその車が100%悪いとはならないのだそうだ。私の車が走っていれば、10キロや5キロの低速でも責任の一端はあるのだそうだ。おかしなルールだが、今までの判例で、90:10の比率が一番大きな差の比率なんだそうである。結局、私も掛った費用の10%を払う羽目になった。

 結局、最大限、私にとっては最小限の被害で済んだわけだが、本来ゼロのはずが、結局、3万円だか4万円だか払うことになったのである。

ドラレコと映像(左:前方、右:後方)

ドラレコ装着

 この場合、ドラレコがあろうがなかろうが結論は同じはずだが、やはり、装備しているに越したことはないな、と思いながら半年が過ぎてしまった。

 やっとその気になって、どうせ付けるのなら早い方が良いと思い、昨日付けてもらって来た。何が何だか良く分からないまま付けてもらい帰宅。映像がパソコンで見られるというので、ドラレコからMDだかCDだかを取り出し見てみた。意外ときれいに映るものである。

 しかし、正面からぶつかったの、追突したのというならいざ知らず、側面では映るはずもないが、車が走ってさえいれば、その前の状態、つまり、ぶつかる寸前までの状態は分かるのだろうと思われる。何となく安心した気持ちになるから不思議なものである。

 

老人にとってのパソコンで見る苦労

 大分前に装着していた、同じ地域の友人に、パソコンで見たことあるかどうか尋ねてみたら、見たことないという。意外な答えが返ってきた。つまり、ドラレコの小さな画面で見られるので、敢えて見る必要もないということなのだろう。

 こうしてみると、意外と私は好奇心が旺盛なのかもしれぬと思った。でも、ドラレコの取り扱い書も老人にとって理解するのは難しい。そんなこともあり、老人の大多数は、パソコンで見るなんてことは、面倒なこともあり、案外とやらないのかもしれない。

 

知らない相手と会話を楽しむ若者

 それにしても、年寄りには厳しい世の中になったものだ。今、若者同士でSNSでの交信が流行っているらしい。「休みの日にはどこへ行ったらいいですか?」というような、何を話して上げたらいいのか良く分からない質問があるのだそうだ。聞きたいことの核心に触れず質問してくる例だ。話すことに力点を置いた交信だそうである。

 そういえば、外国人の若者から、「What are you doing」と毎日連絡が入る。これも、話すこと自体に力点を置いた質問だろう。今度、「I'm aliving」と返事してみようかと思っている。

お金の価値、人間の価値

五輪汚職事件

 連日、何百万、何千万という金額が新聞紙面を賑わす。数十万のお金だってままならない年金生活者の身にとっては、心理的に辛いものがある。

 五輪汚職事件である。

未だ、真相は確定していないようだが、右図のような色々なルートがあるらしい。そして、今日の新聞には、今までの3ルートに加え、4ルート目が報道されているのだ。

 どこまで広がるのか、皆目見当もつかない。

 

シリア難民

 一方、昨日のブログでも書いたシリア難民の話である。日本では、シリアに限らず、難民に対する資金援助の話がコマーシャルにまで出てくる。あの痩せこけた子供がじっとこちらを見ている映像と共に出る資金援助のコマーシャルだ。

 現在コンタクトを取っている難民に日本語を教えようとしているが、話の中でキャンプでの生活の話になり、食料ばかりでなく、女性として辛い毎日を送っているらしく、日本でなくてもいいので、一日も早く脱出したいという。

 難民の数は、660万人と下の右図に書いてある。

 

シリアからの脱出には、、、

 脱出するとしたらどこへ脱出したいのか聞いてみたところ、トルコだという。理由は

シリアとトルコなど周辺国との位置関係(ネットより)

お父さんが残したお金や看護婦としての資格証明書などがトルコの銀行に保管されているという。そこで、トルコまで脱出するのにいくらかかるのか尋ねてみると、何と、日本円(1ドル145円換算)で60万円だという。地図にあるように、隣の国なのに余りの高額に驚いた。シリアとトルコの国境周辺は一番危険な場所であることから、その途上、安全にトルコに逃げ込むには、それなりの費用が掛かるということなのだろう。

 理由を聞いても彼女自身分からないという。

 

八方塞がりの難民

 難民の中から彼女だけが脱出できるのかどうか、それは分からないが、いずれにしても、お金はないので脱出できないわ、毎日のキャンプ生活での食料、そして生活環境は劣悪でも脱出できないわの八方ふさがりの状態なのである。

 お金を一時的に借りて、脱出後に働いて返すなどの話も出たが、こちらも年金生活者の身、無い袖は振れないので、丁重にお断りした。

 

お金の価値、人間の価値

 冒頭の、五輪汚職事件ではないが、口先三寸で、何百万も何千万も手に入るなら、こうしたお金を、難民を救うために使って欲しいものだ。

 もっとも、こういう人間は私服を肥やすためなので、人のため、世のため、ましてや他国の難民のためには、一切お金を使わないだろう。

 こうしてみると、お金の価値、ひいては人間の価値とは、いったい何なのかを考えてしまう。

 

です 日本 なつ

翻訳機なら日本語が分かる?

 「です日本なつ」で始まった会話。 

冒頭のタイトル、日本人ならだれでも ”おかしいな” と思うはず。「ひらがな・カタカナ・漢字」が分からない外国人が、「これで、意味が通じるのか」と翻訳機を駆使して送ってきた日本語。勿論、日本語になっていない。

 

日本の構文に戸惑う外国人

 でも、日本人なら英語を習った時に、構文の順序が日本語と英語では逆になっていることに戸惑ったはず。今、シリア難民がその戸惑いに遭遇している。いろいろなやり取りをして、翻訳機を使いながら日本語を教えてみようとなった。期せずして、彼女からも、同様の提案があったからだ。

 今日からこの方式で、日本語の教科書を使って教え始めようと思っている。

「です日本なつ」で始まった、シリヤ難民との交信

 「ありがとう」を「今日はありがとう」という文章に変えてあげ、昨日の勉強は終わった。

 

普通の日本語教育と基本 

 今、定期的に教えている技能実習生を中心とした日本語教育であるが、この人たちは、ある程度日本語を母国で習ってきた人たち。日本では構文の順序などは教えず、「やさしい日本語」という教科書を使い教えている。しかし、この難民のように、日本語の「あいうえお」も分からず、英語とアラビア語しか出来ない外国人にどうやって教えるか、教えられるか、私としても非常に興味津々である。

 

難民はどうしたら逃れられるか?

 昨日は、難民から逃れるためにはどうしたらよいのか聞いてみた。彼女が日本へ来たいというからである。日本へ来る航空チケットがあれば、というような簡単な話ではない。難民キャンプには、難民をコントロールしている組織がある。そして、日本にもこの組織と連絡を取る組織がある。そして、日本へ来る場合だと、日本側の身元引受人の素性を日本側で調査し、当分の間(どの位の期間かは聞かなかった)、この難民が日本で生活する方法を確定した上で、難民の入国を許可するのだそうだ。難民認定がないと日本で働くことも出来ない。

 

日本語を覚えるのが一つの要素

 ということは、この難民を当分引き受ける資金が必要になる。そして、日本語が分からなければ、日本で働くにしてもその場所もない。難問が山積である。でも、日本語を学ぶ、覚える、話せることは、日本へ来る時の重要な要素であることだけは分かった。

 今日から、本格的に教え始めてみよう。

 

不平等な世の中

 今、日本では、コンビニなどの期限切れ食料の廃却に注目がいっている。何とか利用できないかという話だ。一方で、難民キャンプでは、難民たちが毎日の食べものにありつこうと、敷地内を毎日食料を探し回る日々だ。

 そして、ウクライナでは、ロシア兵、ウクライナ兵、民間人が、プーチンの侵略で、毎日命を落としている。

 どうにかならないか、この世の中。全く・・・。

 

 

新たな挑戦、世界との交信

日本語ボランテア

 前にも何度も書いたが、日本語を外国人に教えている。通常は、近隣の企業に勤めている、技能実習生や特別技能社員(3年以上の技能実習を経て、新しい地位・資格を与えられる)を相手にしての、対面式での日本語教育である。

 このブログを始めて以来、最近になって、外国人の少し日本語をかじった人たちから連絡が入る(メッセンジャー、ラインなど)。おかしな日本語を相手にしての交信である。すると、日頃の日本語教育の虫が疼く。

 ついつい、日本語を教えたい感情になるから、ボランテアとはいえ、一種の病気になっているのかもしれない。

 

シリア難民との交信

左三つ:シリア難民との交信  右二つ:中国人若き経営者との交信

 左三つは、現在シリアの避難民キャンプにいる人との交信である。最初は日本語ができないと言ったので、英語で交信を始めた。日本語には、ひらがな・カタカナ・漢字という三種類の文字があると言うと、グーグルの翻訳機で勉強を始め、ひらがなを教えてくれという。早速始めた。私自身、グーグルの翻訳機そのものが知らないので、どうやって教えたらいいのか、現在模索中である。

 それにしても難民生活は厳しいようだ。食事は何を食べたか聞いたら、Boiled riceだったようで、こちらが刺身などで晩酌をやっているのが、申し訳ないようである。

 

中国人若き女性経営者

 そして、問題の右二つである。この人は、日中混血で、中国人のお父さんの急死で会社を譲り受けた若き女性経営者である。この人も口には出さないが、翻訳機の文章をそのまま送ってきている文章は、やたら漢字が多く、意味が良く分からない(写真右から二番目)が、一番右のように自分の言葉で書いた文章は、少し変なところもあるが、全体的に非常に良く分かる。

 日本語を教えようとすると、自尊心が傷つくのか、余り受け入れようとしない。不思議なことに日本の大学を出ているが、中途半端な日本語という感じである。

 

疼く日本語教育

 この他にも、日米混血など数人いるが、日本語での交信を楽しんでいる感じで、あまり参考にならないし、交信の意欲も沸かない。

 ただ、この上記二人は、外国の状況も教えてくれるし、そこそこ日本語を教えたいという、こちらの要望も満足させてくれることから、続く間は、どうやって日本語を、ラインやメッセンジャーなどの媒体を使って教えるかに挑戦したいと思っている。

 

70半ばの手習い

 こうした媒体では資料も送れるし、読み方なども教えられる。しかし、発音だけは対面式でないと教えられない。そこで、翻訳機に発音させる方法で教えられないか、現在考慮中である。この人たちを使い、是非試してみたいと考えている。

 70歳半ばでの挑戦だが、また、一つ仕事が増えた。楽しみでもあるし、そして、面白そうだ。一つの難点は、中国はまだいいが、中近東となると6時間ほど時差があるので、これが唯一の難点ではある。