ミドさんのブログ

日頃思いつくことを書いてます

知らないふりをするな!

若い警察官の死

 またまた、自殺死亡のニュースが流れた。2年前だそうだ。警察官の自殺である。遺書が残されていた。上司から「仕事が時間内に片付けられないのは、自己責任だ」と言われ、残業時間が、240時間くらい実際にやっていたにもかかわらず、20時間程度しか報告していなかったようだ。この警察官は、ふがいない自分も責めたろうが、そういった上司、警察組織の在り方、考え方も責めたろう。そして、遺書の最後に「改善を望みたい」で終わっているという。

 

高度成長期の残業時間

 企業戦士として、40年もの間、民間企業に勤めた。管理職になる前は、毎月の残業は200時間以上だったが、実際、残業として付けたのは120時間とかそんなものだった。それというのも、グループとして残業が多いと、自分たちもであるが、上司も、もっと上の上司から責められる。それを忖度しての残業の付け方でもあった。それというのも、上司は、我々が記録以上に残業が多いことを知っており、「みんな、悪いなー」という気持ちであることが分かっていたから、忖度の感情も生まれた。

 もちろん、民間企業と公務員では違いもあるだろう。

 

知床事故で見る官僚の悪弊

 話は変わるが、知床の事故では、沈没した遊覧船を引き上げ曳航していたが、途中で吊りベルトが切れ、海中に遊覧船を落としてしまったらしい。

 この遊覧船の会社、社長の今までの行為である。周りの誰もが、この社長の経営の仕方、遊覧船の運営の仕方の異常さに気づいていた。この会社の遊覧事業を承認した官庁は、規則を作り、事業の承認をしただけで、その後の状態は、知らなかった。多分、知らないふりをしていた。余計なことは、知らぬ存ぜぬを押し通す、官僚の悪弊でもある。

 

現場を知る、部下を知る重要さ

 もし、異常さに気づいて監査に入り、改善を求めていたら、この不幸な出来事は回避できた。冒頭の警察官の自殺だって同じである。上司は「自己責任だ」などと言わずに、なぜ、残業が多くなるのかを一緒に考える姿勢をとっていれば、回避できたことである。

 仕事のやり方は、人によってマチマチである。要領よく仕事ができる人、要領の悪い人、色々いる。仕事の仕方をきちんと指導していれば、回避できた。

 

致命的な上司と部下の年代差

 昔なら、「そんなこと自分で考えろ」で済んだ。上司は、正にその年代。しかし部下は、20歳も30歳も年齢が違っている。その年代差の間には、異常なほどの機械化(ちょっと古い表現だが)が進み、コンピューター、ネットを活用する時代になった。そこには、精神論だけでは済ませられない問題が横たわっている。

 

求められるコミュニケーション力

 そして、今どきの若者は、人との交流が下手だ。核家族で育てられ、親と友達だけで育ってきた。遠い親戚や他人との接触が希薄になっている。「仕事が片付けられないのは自己責任」と言われ、その通りに従う。なぜ、上司に逆らい、キチンとやっただけの残業を付けることが出来なかったのか。上司との人間関係も大いにありである。

 上司は、そういう若者を部下にしていることを肝に銘じるべきである。

自分の思いが通じないパターン(小学校のゲストテーチャー講義で使用、ネットから借用)

 

管理者は、地位に胡坐をかくな!

 「カズⅠ」の事故でも同じことが言えるが、もっともっと現場の事情をよく知り、対策をより早くすることが、全てに求められている。そんなことを思った事件だった。

 また、上島竜平さんの自殺後と同じ「悩みは・・・へ連絡しましょう」のテロップが流れる。「人の気持ち(現場の状態)が、分かるよう努力しましょう」のテロップが流れることを期待したい。

言い訳が得意な、奥サマ

ブログの間隔があいた 

 最近、ブログの間隔があいている。期待はしていないかもしれないが、もう少しお待ちいただきたい。自分の能力の限界を感じている。何でも頼まれれば引き受けてしまう性格で、しかも、引き受けたら自分が満足するまでのめりこむ性格故、余裕がなくなってしまう。現在そんな状況で、この状況も6月には終わるらしい。そこから、前の状態に戻れば良いがと思っている。困った性格である。適当に済ますことが出来ないのだ。

 

50年前の想い

 さて、その依頼された仕事にも関係している。週に3回ほど、近くの工業都市まで車で出かける。40分から50分の運転である。その途中に、かって我が女房と若かりし頃、まだ、結婚をしていない時期だが、よく歩いた道筋がある。その運転の時に、毎回、あの頃は、将来、我が嫁になるかどうか分からないが、何も考えず、夢中だった記憶がある。それを毎回思い出す。

 

3年ぶりに復活した「嫁入り船」

 日曜日だったか、下の写真の「嫁入り船」の復活の潮来の写真が、読売新聞に掲載された。そういえば、「親の反対を押し切って結婚したんだよなー」と思い出す。

左: 潮来花嫁さん  右: 無残な・・・

 この夫婦も、あと、50年後はどういう運命をたどっているやらである。人間の感情は変わる、というより、色々な側面を覗かせる。恋愛感情の時は、そういった感情を見せる。そのほかの感情は見せないようにしているのか、自然と見せなくなるのかである。ところが、子どもを育てる頃は、それに関係した感情が現れ、「この人にそんな感情があったんだー」などと、我が女房、我が亭主の一面を見た思いをするものである。そして、専業主婦として生活していれば、いたで、その感情が出る。

 

10年大事に育てた、マツ

 そして、写真右側の物語である。この写真は、誰もが「アヤメ」の花を撮ったと思うだろう。違うのである。「何! あと何が写っているんだ?」と思う方々ばかりだろう。この写真は、その右に移っている「マツ」を撮ったのです。

 この松は、私が、定年後、毎年、素人剪定をして育ててきたものである。2,3日前にも、芽が吹き出して見栄えが良くなくなって、その芽を切り取って、その後、要らない枝でも切り剪定するか、と考えていた矢先であった。その折も、下に「アヤメ」が咲き出しているのは知っていた。

 

一瞬のうちに切られた、マツ

 そして、突然、左にも広がっていた枝が、左側を全部、無残にも切り取られていた。全体が2/3ほどに小さくなってしまった。女房の仕業である。10年以上、大事に育ててきた(育ってきた)枝木を、普段、草も引かない、庭のことなど何もやらない女房が、ノコギリを持ち出し、切ってしまったのである。

 足が痛い、どこが痛いと、毎日、病院通いしている彼女がである。

 

言い訳が得意な?我が女房サマ

 意識して切ったとは思いたくないが、炊事・洗濯など、私のことなど何もやらない彼女が、私が10年もかけて育ててきた「たかが、松」を切ってしまったのである。

 責めると、「下のアヤメがきれいだったので、見えるようにした」、だと。「何を考えているんだ、このアマ!」である。アヤメの見ごろは、高々、2週間位だろう。

 アヤメの世話などやったこともないクセに。周りの草などひいたこともないクセに。それが「アヤメが見たい」一心で、10年松を切ってしまった、だとー!。

 

何時まで続く、感情 

 女性を愛する気持ちなんてそんなもんだ。男を「愛している」気持ちなんてそんなもんだ、と言ったら言い過ぎだろうか。もちろん、分かりあえる夫婦だってある。

 3年ぶりに復活した「嫁入り船」で、結婚した夫婦は、50年後、相手の気持ちや感情を分かり続けることが出来るだろうか。

 老婆心ながら、期待したいものだ。

 

質素な技能実習生

足止めを食った技能実習

 昨日も、一日中、ベトナムからの技能実習生に日本語を教えた。21歳の若者二人である。彼らは、ベトナムで高校卒業後、会社に就職し、1年を経過した後、会社を辞めて日本へ来る決心をしたらしい。そして、半年間日本語勉強をベトナムでして、いざ、日本へとなったところで、コロナ騒ぎである。足止めを1年食らい、やっと日本にこれたということだ。

 来週からは、中国人が5人増えて、7人を対象に教育することになる。

 

日本は、もう実習先ではなくなる?

 昨日のニュースで、最近は、外国人にとって、日本へ働きに来るのもあまり魅力が無くなっているという。理由は二つ。一つは、受け入れる日本企業が安い労働力として彼らを利用しているという実態、そして、もう一つは円安だそうだ。当然ながら、日本で稼いだお金は母国へ送金することになるが、その価値が1割以上目減りし、もともと韓国などとの給与差で日本有利が、怪しくなってきたというのである。それで、今では、韓国、台湾などへの希望者が増えているということだ。

 

ベトナム人とのお付き合い

 ベトナム人とのお付き合いは、日本語教育を通してだが、彼らと接してみると、感覚的に日本人とあまり差がない感じがする。もちろん人にもよるが、相対的に、まじめで風貌も日本人と変わらない。工場などの現場で働いてもらうには、恰好な人材と言える。変に生意気なところがない分、日本人より管理者としては良いと思われる。

 先週まで教えていた二人は、農業と畜産の会社へと巣立って行った。3年間日本で働くことになるのである。

 

60歳間近のベトナム訪問

 ベトナムと言えば、定年間近に赴任していたフィリピンで、日本人会の行事で、ベトナムの日本企業訪問団に加わったことがあり、1週間ほど、北のハノイ、南のホーチミンの工業団地を訪問した。その折、食事でベトナム料理を食べた記憶はあるものの、食事の一つ位にしか思っていなかった私は、名前すら覚えようとしなかった。

 ところが、今、ベトナム人に日本語を教える段になって、しかも「食事とエチケット」を教えることになって、彼らに、ベトナム料理を教えてもらう羽目になった。あの時、写真でも撮って、しっかり脳裏に焼き付けておけば、彼らに、ベトナム通だと思わせられたのにと残念でならない。

 

おいしいベトナム料理

 あちこち、海外に行っているせいか、余り、外国料理とか外国の有名な場所などに興味も湧かなくなっていたのか。今になってネットで調べてみた。

 

 実習生が、上げた四つの代表的な料理である。米粉を使った麺の料理が多いが、パンセオだけは、日本のオムレツ風といおうか、お好み焼き風と言おうか、ちなみに卵は使っていない。これは、南の方のホーチミン特有の料理のようである。

 

質素な弁当

 来週からは、中国人の実習生が来る。また、中国文化に触れられる。楽しみである。彼らは、いわば、出稼ぎ青年という感じであるから、いわゆる庶民の感覚である。これが何とも心地よいのだ。

 毎日の生活がどうなっているのかも心配になる。今は、まだ日本で働いていないわけで、お金を稼いでいない。そこで、生活費はどうなっているか聞いてみた。すると、ベトナムから家族からもらったお金で食いつぶしているらしい。毎日、自分たちで弁当を作り持ってくる。それらを見せてもらうと、白い飯におかずが1品だった。今日は豚肉を細かく切って、味付けたものだけ。もちろん野菜など混ざっていない。

 

親、祖母の年齢を聞いてビックリ

 実習生の一人に、親の年齢を聞いた。40歳代。そこで、もしやと思い、おじいさん、おばあさんの年齢を聞いた。おじいさんはすでに亡くなっているという。おばあさんの年齢。なんと73歳だった。私より一つ年下だ。

 みんなに、私の年齢をばらしたら、「若い、若い」と言ってくれた。うれしい限りだ。私が、小学校のころ(今から60年も前)でも、こんな生活ではなかった。

 

質素な生活

 私も、小さい頃は、カレーと言えば、マグロフレークの缶詰を肉の代わりに使ったものが、毎回だった。少したって、上野駅には、東北からの出稼ぎ労働者が溢れた。今思えば、質素な生活しかできなかったのである。

 今、彼らが、そんな質素な生活である。  改めて、「質素」を再認識した。

親友のパソコン

沖縄返還、50年

 私が就職したのは、1970年。沖縄返還は1972年だそうだが、新入社員の私は、そのニュースは知っていたものの、そんなに関心を持たなかった。大変、沖縄の人たちに失礼なことだった。今日のテレビでは、「日本の人は、自分のことと考えていなかった。」と沖縄の人たちが当時、日本本土の人たちにどういう印象を持っていたかを話していた。基地の必要性はある程度知ってはいるが、自分の近くにはあって欲しくない。沖縄なら仕方ない、というような考えがあったのではないだろうか。

 

パソコン時代到来

 そんな時代だった。そして、会社では、大形コンピューターからパソコンに移行する時代でもあった。その間に、ワープロという時代があって、手書きの文章が機械で書ける時代に入った。ワープロは5年位ではなかったろうか。そして、パソコンの時代である。大型コンピューターの時代から、技術計算を計算機にさせるというのは不得意だった。パソコンの時代に入っても、この「不得意」という一種の苦手意識が抜けきらないまま、定年を迎えた。

 

手書きが苦手に

 会社時代は、分からなければ、若い人たちに聞いて処理してもらっていた。それで仕事上、不都合は起こらなかったのである。ところがである。定年後何かをやろうとして記録に残そうとするとすると、「手書き」をしなかった「つけ」が回ってきた。手書きで記録を残すなんてことが出来ないのである。そして、色々な発表などの機会もあったりするが、それらの原稿書きでも「手書き」が出来なく困った。そして、パワーポイントなどは、会社でやっていたが、若い人に任せていたため、自分でやったことがなかった。子どもたちに昔の経験談を話そうにも、パワーポイントで原稿を作れないのだ。

 

60歳の手習い

 ワードだって、エクセルだって、いい加減にやっていた「つけ」が回ってきた。定年になってしまうと、周りに聞く人、教える人がいないのだ。ある時、パソコンの操作に困り、ご近所の人に尋ねた。教えてくれた。その人が言った言葉、「ネットで調べれば分かるよ」だった。

 その後、分からなければネットに相談する。すると、100%何でも解決できた。それ以降、パソコンとは友達になった。60歳からの手習いである。今では、殆どのことが不自由なくやれるようになった。

 

親友のパソコン

 今まで自主出版本も3冊出したが、いずれもワードで原稿は書いた。小学校の子どもたちへの昔話の原稿もパワーポイントで作った。こうしてブログもワードで書いている。そして数々のいろんな記録も写真付きで残している。パソコンも、定年後何台も買い替えた。

 毎日、パソコンに座っている時間も何時間にもなる。

  今や、親友のパソコンである。

忙しい、土曜の夜

土曜の夜は?

  土曜は、「寅さん」であり、「人生歌がある」である。どちらも、7時から佳境に入る。二つの番組の良いところを両方見ようと、毎週奮闘している。「寅さん」では、今回のマドンナは誰かと注目し、「都はるみ」と分かったところで、「演歌」へと切り替える。好きな歌手なら、その歌を聞く、終わるが早いか、チンネルは、またまた「寅さん」へ。

 こんな具合に、チャンネルを変えるコントローラーはフル稼働である。時々、コントローラーもお疲れと見えて、言うことを聞かなくなる。サボタージュである。

 

男はつらいよ

 昨日の「寅さん」では、三度も四度も涙を流した。よくもまー、こんなに人を泣かせ笑わせる番組を作ったもんだ、と感心させられる。寅さんも寅さんなら、柴又帝釈天のとら屋の面々も、実に性格の良い人ばかりだ。人のいい寅さんが、出先で言うセリフ、

 「柴又帝釈天に『とら屋』という『団子や』がある。俺がいなくても、そこに、人のいいおばちゃん、おじちゃん、そして妹のさくらがいる。彼らが悪いようにはしないから、東京へ来たら尋ねたらいい。」

 なんという良いセリフだ。寅さんが、100%信じ切っている家族。そして、その家族は、誰にでも、どこまでも、やさしく親切だ。

 

人生歌がある

 そんなに「寅さん」を視てる暇はない。演歌、演歌だ。昨日は、千昌夫の話がたくさん出た。遠藤実の門下生。師匠、遠藤実との思い出話、司会役の五木ひろしとの出会いの頃話に、スタジオが湧く。ともかく話が旨い。人を引き付ける魅力がある。独特な東北訛りも魅力である。話に意外性や郷愁、そして人の好さがにじみ出る。

 みんなで、千昌夫の歌を歌う。さすがプロだ。千昌夫以上に上手に歌う人もいる。そんなの良いのかなーなどと、ちょっぴり心配になる。

 

再度、寅さん

 心配と言えば、「寅さん」がどうなったか。都はるみ扮する「東はるみ」が、歌うのが嫌になり、一人旅に出て寅さんと会い、寅さんと何日か楽しい、歌手では経験できない旅をする。そして、事務所の人に見つかり、コンサートに戻され、再度、歌を歌うことになる。コンサートで、寅さんとの思い出を語る。その観客席には、寅さんからもらった招待券で見に来た、「さくら」と「ひろし」。

 そして、一方では、毎度のことながら、「東はるみ」と別れて、寂しく柴又に帰る「寅さん」。傷心ぶりに心配する家族。いつもの、パターンだ。決まったパターンで、結末も想像できるが、それでも見てしまうのが「寅さん」である。

 

再度、人生歌がある

 今日の出場者の中では、市川由紀乃が好きだ。先日、歌番組を見ていたら、若い頃の市川由紀乃が出ていた。「あれ! この人、市川由紀乃?」と思うような風貌だった。女性は、歳と共に大きく変わる。歌も、若手(?)歌手としては、非常にうまい。そして話しっぷりも、生意気な感じがせず素敵である。どうして、結婚しないのかなぁー。

 

再々度、「寅さん」

 そんな時、「東はるみ」が、柴又「とら屋」へやってくる。上や下への大騒ぎとなる。「タコ社長」の会社従業員の前で歌う。そして一段落して、寅さんと話す。打ち明ける恋。また、振られた! いつものパターンだ。ニコニコ顔の寅さんの顔が一瞬曇る。この辺の表情は、渥美清の演技力だ。

 そして、寅さんは、「東はるみ」への淡い恋に破れて、旅へ。

 

出来ない、一挙両得

 絶対、彼女(市川由紀乃)の歌は見逃さないぞ、と思って視ていたら、やっぱり見逃した。一挙両得とはいかなかった。

 

 でも、来週も、コントローラーにお世話になるだろう。

 

二毛作

 ここの所、3日も休んでしまったブログ。最近粘りが無くなったと感じている。今までだったら、多少忙しくても、何か書こうとしてきた。

 

鎌田 實氏、医師

 そう思っていたら、今朝のテレビ寺子屋。目が覚めて、寝床で時間を知りたくて、毎度のことながらテレビを点ける。そこでやっていたのが、テレビ寺子屋である。今日は、鎌田實さん登場だ。途中からだったので、あらすじなどは分からなかったが、同じことを考えるもんだ、と思いながら見ていたので、ここで紹介する。後でネットで調べたら、同じ1948年生まれだった。

 

「孤独」ではなく「個独」

 テーマは「孤独」のようだが、彼が推奨する「孤独」は、「個独」である。鎌田さんは立派な医者だ。私とは比べようもない。しかしだ。農業者も商売人も会社員も考え方は同じだ。つまり、子どもを抱え、家族を抱え、生活のために働く人生が一つある。そして、その後に、よくいう第二の人生である。「働く」ことは、他人とのかかわりを持つ。しかし、第二の人生は、時として、「孤独」を招く。そして、この第二の人生を彼は、「二毛作」と称している。生活のために働くのが「一毛作」だ。そしてその収穫は、お金という形で生活費となり、家族全員が潤う。そして「二毛作」である。

 

人生の二毛作

 二毛作目の収穫は、彼の場合、世の中を潤すことだという。「三毛作」があっても良いという。多分、三毛作目の収穫は、自分を潤すことかもしれない。

二毛作

 私事となるが、会社生活を40年近くやってきた。その間、仕事柄、海外へ何度も行ったし、国内各地を歩いた。そして、いろいろな人にお世話になってきた。今、そうした海外の人たちにお返しのつもりで、日本へ来る外国人に日本語を教えている。彼らに、少しでも快適な生活を日本で送り、素晴らしい日本をたくさん経験して帰って欲しいと願うからだ。もちろん、結果的に、自分も楽しんでいるのである。

 

個立有縁

 鎌田氏は、「孤立無援」という言葉があるが、「個立有縁」という言葉を使っていた。つまり、コロナ禍(下)で、他人との接触を制限され、「孤立無援(縁)」になるところを、「個人」として独立し、程よく他人と縁を持ちながら過ごそうという意味である。夫婦間であっても、奥さんは、”おさんどん” をするものと決めつけ、亭主は待っていれば食事が出てくる、と思っている人も多いようだ。しかし、奥さんにも、今や第二の人生があるのである。

 

孤独を(楽しんで)生きる

 家族や奥さんからも、良い意味で「個立」し、その中でも「有縁」であり続けるという姿が、夫婦双方にとって良い生き方ではないだろうかと思う。「個」を楽しむのである。彼も言っている。

  「孤独に生きる」のでなく、「孤独を生きる」

のである。孤独を楽しむ生き方である。

 私は、今、「二毛作」で、楽しんでいる。しかし、忙し過ぎるのも困ったものだ。

フィリピンの魅力(51.少量購入に優しい社会)

NZでも、大量購入で「まける理論」

 昔の話になるが、10年ほど前の話である。

 ニュージーランド(NZ)から国際交流協会関係で2名来日した。たまたま1日その方たちを近隣へ案内する役目が回ってきた。そのうちの一か所である、デスカウントショップへ行った時のこと。貴金属や時計を買ったそのNZ人が日本語に翻訳してくれという。「貴金属を買い、更に時計を2個買うので、トータル金額をまけてくれ」という翻訳である。この時、NZでもたくさん買えばまけてもらえる、安くなる、という社会なのだと気付かされた。

 

言えば、まけてくれる

 日本でも昔はそれが常識だった。私の家は小売店を田舎でやっていた。「これ、10個買ってくれたら、・・・まけるよー」「これ、二つ買うからまけてよ!」などという言葉が飛び交ったものだ。つまり、「言えば、まけてくれる」世の中だった

 

会話の少ない社会での、「まける理論」

 しかし、デパートやスーパーができ、そんな考え方もだいぶ減った。その代り、最初から1本のジュースでは70円のものが30本入った箱買いでは2000円となり、トータルで100円安くなる値段が付いていたりする。つまり、店員と購入者の間に会話がない現在では、最初から、「まける理論」になっている。

 

フィリピンで通用しない、「まける理論」

 ところが、この理論は、フィリピンでは通用しない。小袋がいっぱい入っている特用箱でも、小袋の値段×袋の数で価格が付いているのである。なぜかを考えてみると、特用箱を買うのは、外国人やお金持ち、即ち経済的に余裕のある人たちであり、貧困層は小袋しか買えないという実態がある。何も、お金持ちに特別大量に買うからとサービスしてあげなくても良いのである。

 

「まけない理論」で成り立つ小売店

 小さな部落には畳2畳位の建物に商品を広げて小間物を売っているサリサリストアーというものがある。ここで売っている品物は、たばこ、菓子、洗剤等々、普段家庭でよく使うものが、最小単位で売っている。たばこなら1本ずつ。一箱をバラし一本ずつ売ってくれる。洗剤なら一回分ずつ売ってくれるのである。まとまったお金がない貧困層の家庭や、遠くのスーパーなどに行けない人たちのためにこうしたストアーが部落には一杯建っている。全土で100万軒あると言われている。この商品は、スーパーから買ってきて、その品物を小分けにして多少のマージンを付けて売るのである。そのマージン分が自分の実入りになる。

フィリピンの、サリサリストアー(ネットより抜粋)

 サリサリストアーには、地域の治安の良さによって、鉄格子のある店、ない店に分かれる。ちなみに、私は、このような店で買い物をしたことはない。大量買いになるので、大形店でないと売っていないのである。